まず、皆さんの配属される研究室が決まる流れについて説明しておきましょう。(ここでは物理情報工学科の3年生以下の方を対象としています)

3年生は、冬までには志望する研究室を決めなければならないので、3年の秋学期までには研究室見学をしておき行きたいと思う研究室を決めるのが普通です。

年末になると「志望調査票」が渡され、第1から第3志望までの研究室を記入して提出することになります。
2月には12月中には開票の結果が発表され、人数の多かったところは面接を行って人数を調整し、全員の配属研究室が決まります。(このとき、第1から第3までの全部を人気の高い研究室にしてしまうと、第1が落ちたら一気に全滅してしまい、思いもよらない研究室に飛ばされたりするので注意が必要です)

めでたく研究室が決まれば、次は研究室での輪講やゼミが待っています。

次回は、「研究室に入ったら何をするのか?」についてお話しする予定です 😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。