山本直樹先生(物理情報工学科)に「量子系のフィードバック制御」という題目のセミナーを開いていただきました。

 古典力学と量子力学の違いを,確率,同時分布,可換・非可換などといったキーワードによって平易に解説する導入に始まり,量子フィルタリングの話題,さらには測定系の選び方による可換性の回復など,最先端の話題まで解説していただきました。量子系の観測と制御という難解なテーマにもかかわらず,とてもわかりやすいご講演でした。

 4月に理工学部管理工学科に着任された武田朗子専任講師や,東工大井村研のM1の学生も参加してくれ,活発にディスカッションしていただきました。ありがとうございました。

 ゴールデンウィークのど真ん中ですが,5月1日には足立自身が足立研セミナーで話しますので,システム同定にご興味のある方はご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。