日本機械学会のロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC 2008 in NAGANO)が6月5~7日に,長野ビッグハットで開かれました。足立研D2の大明さんが「物理パラメータ推定に基づくシリアル2リンク2慣性系の外乱推定型状態オブザーバ」という題目の研究発表を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。