IFAC (International Feredation of Automatic Control : 国際自動制御連盟)主催の世界大会 IFAC 2008 がソウル(韓国)開かれています。 これは3年に1回開かれるヨーロッパ系の世界で最大の自動制御に関する国際会議です。なお,次回の IFAC 2011 は3年後の 2011年8月28日~9月2日のイタリアのミラノで開催される予定です。

この学会では,平田光男先生(宇都宮大)にわれわれの論文 M. Hirata, S.Noguchi and S.Adachi : A hybrid modeling method for precise positioning systems を発表していただきました。会場からも質問が多数出たよい発表でした。


<同志社大),志水先生(慶大名誉教授)>>


<>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。