4年前のケンブリッジ大学滞在中にお世話になった Jan Maciejowski 教授とソウルで再会しました。 彼が書いた “Predictive Control” を私と管野政明博士で翻訳した「モデル予測制御 -制約のもとでの最適制御-」の第2刷を手渡すことができました。

ケンブリッジ大学に滞在していた津村先生(東大),管野さんと私の3人は,IFAC に参加している UK の制御関係者による UKACC reception に招待されました。 この会は,地元のパブを貸しきって行われました。同じ時間にフランス人も同じような会を開いていると言っていました。Jan は自分の本が日本語に訳され,しかも予想以上に売れていることに大変喜んでくれ,UK の仲間に翻訳本を自慢していました。その後,ケンブリッジに滞在していたマニュエラさんとともに,夕食会を開きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。