計測自動制御学会制御部門主催の第37回制御理論シンポジウムが9月17日~19日に鹿児島県の霧島いわさきホテルで開催されました。

80件を超える研究発表があり,100名を超える制御理論/応用の研究者が霧島の名湯に集まりました。制御理論シンポジウムは今年も伝統の泊まり込み形式で行われました。講演のときだけではなく,食事のときや温泉などでいろいろなディスカッションをしましょうという狙いが泊まり込みにはあります。また,年齢差をこえたディスカッションも期待されます。大学の研究室合宿の延長のようなものです。実行委員長を務められた延山先生(九州工業大学)ほか運営にかかわった方々,大変ご苦労様でした。

 昨年の制御理論シンポジウムは札幌で行われましたが,そのときも台風が日本列島を縦断した後に,最終日に札幌までやってきました。昨年は私が実行委員長だったのですが,参加者の皆さんには大変ご迷惑をかけてしまいました。今年は大丈夫かなと思っていたら,台風13号が鹿児島の南を通過していきました。どうやら台風は制御理論シンポジウムが大好きなようです。結果的に,2年連続,台風によって制御理論シンポジウムのことをエピソード記憶できるようになってしまいました。

 ある人から教えてもらったのですが,9月17日は台風襲来の特異日だそうです。来年は大阪開催だと聞いていますがその日を避けてシンポジウムの開催日程を決めたほうがよいかもしれません。なお,9月26日も台風到来の特異日だそうです。

 今回の制御理論シンポジウムでは,システム同定に関するセッションが初日に3つあり,計12件の発表がありました。システム同定に関する研究発表が多いことに戸惑いながら,うれしく思います。なお,足立研関連では,つぎの3件の研究発表を行いました。

  • 東,嘉藤(宇都宮大学),足立:1ビットΔΣ変換器を用いたネットワークを介したシステム同定のための一手法
  • 倉田,榎戸,東(宇都宮大学),足立:酵母のセルサイクルに関するタンパク質ネットワークの推定とロバストネス解析
  • 大明,足立:シリアル2リンク2慣性系の非干渉化同定と物理パラメータ推定— 同定条件の緩和と精度評価
  • 台風13号が桜島(写真中央)の南側を通過後の霧島からの眺望

    Have you ever seen the rain?  by Creedence Clearwater Revival

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。