奥 宏史准教授(大阪工業大学)に「逐次部分空間同定法とその変化検出への応用」という題目のセミナーを開いていただきました。
 実現理論から MOESP 法(原語のオランダ語では「ムスプ法」と発音するそうです)まで,部分空間法の基礎的な部分に重点を置いて2時間にわたって講演していただきました。とてもわかりやすい講義でした。ご講演ありがとうございました。

 今週の木,金(10/30, 31)にSICEセミナー「制御のためのシステム同定 in 九州」&「システム同定セミナー」が開かれますが,初日には福岡で足立がシステム同定の基礎について講義し,二日目の午前中に京都で奥先生が部分空間法について講義されます。こちらもお勧めですので,お近くの方はぜひご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。