黄檗(おうばく)駅は京都からJR奈良線に乗り約20分のところにあります。そこから徒歩10分程度で京都大学宇治キャンパスの杉江研究室に着きます。
  2/27(金)に杉江研でのセミナーでシステム同定に関する講演を行いました。内容は,昨年12月に足立研セミナーで話したものとほぼ同じで,システム同定の現状についてです。カメラを持参したのですが,慶大での足立研セミナーとは勝手が違い,集合写真を撮ることを忘れてしまいました。杉江研の教員や学生さん,そして他の制御の研究室の教員の方も参加していただいていたのに写真を撮れずに残念でした。

 同じ宇治キャンパスにある京都大学生存圏研究所 宇宙圏航行システム工学分野の山川宏教授を訪問させていただきました。初めてお会いしたのですが,研究面などにおいていろいろ共通点があることに驚きました。

 「黄檗」は京都らしい歴史を感じさせる地名です。黄檗色と書いて「きはだいろ」と読み,これは伝統的な日本の色だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。