日本鉄鋼協会第157回春季講演大会が東工大大岡山キャンパスで開かれています。
 「オンライン最適化技術を核とした次世代鉄鋼プロセス制御」という研究題目で4年間にわたって活動してきた研究会の最終報告を行いました。
———————————————-
座長:杉江俊治[京大]、副座長:浅野一哉[JFE技研]
14:00~14:30 コイラー巻き取り制御:モデリングと問題設定
  首都大東京 *増田士朗, 宇都宮大 平田光男, 首都大東京 児島晃, JFE技研 浅野一哉
14:30~15:00 コイラー巻き取り制御:制御手法の検討
  宇都宮大 *平田光男・江田明浩, 首都大東京 児島晃・古屋賢一・増田士朗, JFE技研 浅野一哉
15:00~15:30 非線形RecedingHorizon制御を用いた冷延タンデムミルの板厚制御
  阪大 *大塚敏之, 尾崎昂平, 名大藤本健治, 鳥取大 北村章, 神鋼 中山万希志
15:40~16:10 鋼材加熱炉の装入スケジューリングと燃焼制御の同時最適化
  東工大 *藤井奨, 裏山晃史, 加嶋健司, 井村順一, 新日鐵 黒川哲明, 慶大 足立修一
16:10~16:40 連続鋳造機2次冷却制御のシミュレータベース設計
  神戸大 *藤崎泰正, 住金 北田宏, 京大 杉江俊治
16:40~17:00 総合討論
———————————————-
 鉄鋼協会の春と秋の講演大会は,連休とか日曜日に開催されます。企業の方の参加が多いから仕方ないのかもしれませんが,日曜日開催は避けたいところです。

 大岡山キャンパスの桜は美しいことで知られていますが,今日はまだ肌寒く,満開にはもう少しというところでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。