名古屋市にある名城大学の理工学部市民開放講座で「日常生活の中のシステム制御工学」という題目の講演を行いました。
 聴衆は200名くらいで,そのうち50名が学生さんで,残りの150名が市民の方でした。普段の大学の講義とは違い,理解していただけるかどうか不安でしたが,なんとか90分の講演を行うことができました。ほとんど居眠りをしている人もなく,特に,年配の方が熱心に受講されていた姿が印象的でした。

お世話をしていただいた名城大学理工学部電気電子工学科の山ノ井先生,辰野先生,児玉先生,いろいろありがとうございました。特に,お昼にごちそうになった名古屋名物「ひつまぶし」,大変おいしかったです。

前日にはJRセントラルタワーズ51階のワインラウンジ&レストラン セパージュに,名古屋大学の先生に連れて行ってもらいました。とても眺めがよく,ワインと食事が美味しいレストランでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。