先月,米国デトロイトで開かれたSAE 2009 World Congress の写真を共同研究者の岩垂氏(本田技術研究所)から送っていただきました。
 左の写真は,最近毎日のようにTVで見るデトロイトのGM本社です。
 SAE とは Society of Automotive Engineers の略で,会員数約9万人を要するモビリティ専門家からなる非営利的団体(いわゆる学会)です。足立はこの国際会議に参加しませんでしたが,共著者の岩垂氏がMitsuhiro Iwadare, Masaki Ueno and Shuichi Adachi : “Multi-variable air-path manegement for a clean diesel engine using model predictive control” という論文をこの会議で発表しました。

 会場にはカリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツネッガーも参加したそうです。

 しかし,デトロイトは町を歩く人も少なく,TVでは毎日GM,クライスラー経営危機について報道され,不況なアメリカがここにあるといったような感じだったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。