今日から,物理情報工学科2年生春学期必修科目「物理情報数学A」の第二部「フーリエ解析」の講義が始まりました。第一部は,山本専任講師が「複素関数論」を担当しました。
 4月に竣工された日吉第四校舎独立館で講義を行いました。昨年までの日吉第五校舎の(私が学生のときからほとんど変わっていない)古い教室と比べて,新しい校舎での講義はとても快適でした。
 横文字(カタカナ)が多い中,慶大では校舎(建物)の名称として,「来往舎」,「創想館」,「協生館」,そして「独立館」など,日本語にこだわってネーミングしているところが,個人的には気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。