新たに誕生したSICE制御部門3番目の部会である,プラントモデリング部会のオープンフォーラムが東工大百年記念館フェライト会議室で開かれました。
 会場はほぼ満席で約70名の参加者がありました。永島元SICE会長,原SICE会長,大谷制御部門長らがオープニングアドレスを行い,その後,1時間ずつ3つの講演がありました。

  • 大畠氏(トヨタ):自動車制御開発におけるプラントモデリングの必要性と問題点
  • 茂森氏(JFE):鉄鋼産業におけるモデリングの重要性と必要性
  • 足立(慶大):プラントモデリングにおけるシステム同定の役割
    • 制御部門副部会長の立場としては,プラントモデリング部会の活発な活動を期待したいと思います。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。


       *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。