廣田幸嗣・足立修一編著,出口欣高・小笠原悟司著「電気自動車の制御システム ~電池・モータ・エコ技術~」(東京電機大学出版局)が完成し,6月10日に全国の大型書店の店頭に並ぶ予定です。電気自動車元年と呼ばれる2009年にこの本を出版できたことを大変うれしく思います。

 この本の目次は,
 1.モービルパワーエレクトロニクスと電気自動車
 2.走行制御システムの設計
 3.フィードバック制御系の基本的な設計手順
 4.ハイブリッド車・電気自動車の走行制御
 5.電池と電源システム
 6.走行用モータとその制御
です。電気系のモータから,化学系の電池,そして,それらをつなぐ制御などについて,ハイブリッド車・電気自動車の実例を交えながら,「モデルベース」をキーワードに執筆しました。定価は3000円(+税150円)です。多くの方に読んでいただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。