佐野昭先生に足立研セミナーで講演していただきました。ずーとお願いしていた講演がようやく実現しました。
 講演題目は「非線形物理モデルに対する適応補償」で,おもにフィードフォワード型のアクティブノイズコントロールシステムの安定性,過渡特性について理論的にお話していただきました。東芝の方,佐野・大森研のOBの方など,足立研以外の方にも多数参加していただきました。なお,佐野先生は足立教授の学生時代(当時は,慶應義塾大学工学部電気工学科という名称の学科でしたが)の指導教授です。
 佐野先生は3月で慶應義塾大学を定年退職されましたが,春学期は週に2回,非常勤講師で慶應で講義されています。まだまだ学内外でご多忙のようです。佐野先生,ご講演していただき大変ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。