日本学術振興会の産業計測第36委員会の依頼で「システム同定理論の最近の展開とアクティブノイズコントロールへの適用例」という講演を四ツ谷の弘済会館で行いました。
 この委員会は昭和22年設立の由緒正しい委員会だそうで,20名弱の出席者の方のほとんどは初対面の方ばかりで,いつもとは勝手の違う講演でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。