足立研・山本研のソフトボールチーム”Team Nyquist”は,本日2009年度慶應義塾大学理工学部ソフトボール大会の第二回戦に臨みました。
 ピッチャー向井(B4)の好投と,強打者大室(M2)の満塁走者一掃のスリーベースなど全員の活躍で,4-0で快勝しました。

時速100km/h近くと思われる向井の速球

———— 以下,B4向井からの報告です —————-
6/19(金) 待ちに待ったソフトボール大会2回戦。相手は強豪,応用化学科の寺坂研究室でした。序盤は相手ピッチャーが右の本格派ということもあり,なかなか打ち崩すことができず,さらに自分の投球にも力が入ってしまい,ピンチを作ってしまうという苦しい展開。
 なんとかピンチをしのいで,0-0 で迎えた三回表,満塁のチャンスにバッターは Team Nyquist の頼れる主砲,M2の大室さんです。皆が祈るような気持ちで見つめる中,「カキン!」といい音がしたかと思うと,ボールはセンターの頭上を越し,走者一掃のスリーベース。さすが我らが主砲! 一挙に3点入り,、先制点を奪うことに成功。
 その後は足立先生のアドバイスもあり,自分も落いたピッチングができ,ピンチの場面もバックに助けられ,要所を締めることができました。試合は結局1点を追加し,4-0 で見事勝利! 寺坂研は前評判通り強かったですが,引き締まったいい試合ができたと思います。ありがとうございました。
 三回戦は当分先(おそらく10月)になりますが,次の試合も勝利を手にしたいです。応援よろしくお願いします!
——————————————————-

なお,チーム名 ”Nyquist” は,制御工学や電気通信工学の著名な技術者であるナイキストに由来しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。