足立研では月に1回すべての学生に中間発表を行ってもらいます。学生は月に1回発表することになりますが,一度にすべての発表を聴くことはできないので,B4, M1, M2 に分けて,月に3回中間発表会を行っています。
 今日はB4とドクター学生の発表会を14:00から19:30まで行いました。一人当たりの持ち時間は,30分から長い場合には1時間にも及びます。足立研ではさまざまな研究を行っているので,指導教員としても足立研中間発表で学生のみなさんの発表を聞くのはとても楽しみですし,勉強になります。今日の発表の中に,東大からの協定研究生の大木君の「固体物理系における確率解析と動的状態推定」という発表がありました。とても難しい内容でしたが,興味深いものでした。今年度初めて,足立研学生18名すべてが参加した中間発表会でした。写真を撮ればよかった...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。