今日,6時間にわたるカルマンフィルタのセミナーを御茶ノ水の中央大学駿河台記念館で行いました。
 不況の中,20名を超える受講生が集まってくださいました。普段,計測自動制御学会でお付き合いさせていただいていない企業の方が多数参加され,改めてカルマンフィルタの幅広いニーズを感じました。カルマンフィルタが提案されて約50年たった現在でもこれだけニーズがあるカルマンフィルタ,偉大です。

 1日にわたってカルマンフィルタを講義するのは今回が初めてだったので,明らかに準備不足でした。講演内容が多すぎ(2日コースの内容でした)たので,受講生にとっては消化不良のセミナーになってしまいました。まだまだ修行が足りません。それにしても11月はセミナー講演が多い月で,今回で5回目のセミナーでした。

 11/20~23の期間は慶大では三田祭が開かれます。この前後1週間は大学の授業はお休みです。


【2006年9月ケンブリッジでカルマン教授と】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。