東工大すずかけ台キャンパスで11月24日~26日に行われた計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2009(SICE SSI2009)で共同研究者の東准教授がつぎのような講演を行いました。
 東 剛人(宇都宮大),高橋知子(慶大),足立修一(慶大):細胞分裂におけるタンパク質ネットワーク推定とロバストネス解析
 この講演は,SICEにおけるライフサイエンスというオーガナイズドセッションで発表されました。タンパク質ネットワークをシステム同定の手法を用いてシステム的に推定し,そのロバストネスを解析しようとする最先端の研究です。
 計測自動制御学会には5つの部門があり,われわれはもちろん制御部門に所属しています(なお,来年の制御部門長は足立です)。それぞれの部門が部門大会(学術講演会)を開いています。今年は,3月の制御部門大会,9月のセンシングフォーラム(計測部門大会),11月のシステム・情報部門学術講演会で講演発表を行い,そして12月のSI(システムインテグレーション)部門のSI2009にも足立研から論文発表を行います。産業応用部門大会以外はすべて出席したことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。