1986~90年,足立は東芝 総合研究所 エネルギー機器研究所の計測制御グループに所属していました。会社では部署名を略記することが多く,計測制御グループは(測制G)と呼ばれていました。当時,東芝は慶大理系学生に最も人気のある企業でした。
 約20年ぶりに(測制G)の新年会が新横浜で開かれました。私が在籍していたころの(測制G)は25名程度から構成されていました。浅野グループ長(部長 –> 東北工業大学教授)を中心に,非常に優秀な人たちが集まっており,当時,日本最高の計測・制御グループだったと思います。
 新年会には21名集まりました。約8割の出席率です。学生さんから見るとおじさん(おじいさん)ばかりの集まりに見えるでしょうが,20年前とほとんど変わらない人が多いことに驚きました。足立研セミナーでご講演いただいた大須賀教授(大阪大学)の姿も見えます。足立研D3の大明さんもいます。
 この21人の中で大学教授に転身した人が,私も含めて7名もいます。また,計測自動制御学会制御部門が誕生して今年は10年目に当たりますが,これまで10名の制御部門長のうち3名(重政さん,高木さん,足立)が(測制G)出身です。東芝に勤務されている方々もみなさん大変偉くなってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。