宇都宮大学足立研の博士学位取得第一号で,現在は米国のオハイオにある Honda R&D Americas で実験部の Division Director をされている佐野 久さんから冬のオハイオの様子を伝える便りが届きました。
————————————————
コロンバスは北緯40度なので、日本で言えば秋田、盛岡。
しかし寒さは北海道旭川と赴任前に聞いていた。予想通り旭川である。
降雪量こそ旭川に及ばないが、寒さは同じ。
今の旭川の気温をネットで見ると、旭川の方が暖かい。

1月に入り、最低気温はほぼ-12℃。最高気温は-5℃。
最低気温は-15℃のときもあった。 今年は例年よりも寒いとのこと。
温度は華氏表示。摂氏との違いに慣れるにも時間を要した。
テレビのニュースの天気予報で、最低気温は10度、最高気温は23度と聞いてもあまりピンと来ない。
32ーFが0℃だけ覚えていたので、いずれにしても寒いことは理解できた。
これが最低気温-12℃、最高気温は-5℃という意味だ。

雪もよく降る。積雪15~20cm。
暖かい日がないため、ずっと粉雪のまま残っている。

覚悟はしていたが寒い。 しばれる寒さである。
北海道の冬と同じく、寒いというより痛い。
風が吹くと体感温度はさらに痛く感じる。

降雪時、道路の除雪作業は非常に速い。
さらに道路には大量の塩を撒く。乾いた後の道路は白い。
クルマにも塩が付着して白くなる。
ただし、自分の家の車庫から道路までは自分で雪かきする必要がある。
粉雪なので比較的軽いが、すべて終わるころには汗ばんで良い運動。
しかし仕事を終えて深夜に帰宅してから除雪というのは少々つらい。

一方、室内は非常に暖かい。
東京や宇都宮の家よりも暖かい。半袖でもOK。これも北海道と同じ。
暖房はシーズン中いれっぱなしにしなければならない。 そのように推奨されている。
理由1:水道管凍結の防止
理由2:一度暖房を切って冷え切ってしまうと、再度暖まるまで数日かかる。 旅行や出張で数日間家を空けるときも入れっぱなしにする。
FREEZE WARNING
Let facets drip
Leave heat on

地元テレビ局のニュースでは、降雪注意報と低温注意報を頻繁に流す。
・クルマのガソリンは常に満タンにしておきましょう という注意が興味を引く。
そう、大雪で一度クルマがスタックしてしまうと、救助まで時間がかかる。
それまでにガソリンがなくなり、暖房が効かなくなると、生命に危険が及ぶからだ。

夏、オハイオの人たちがこぞってプールへ行き、日光浴を楽しむ理由が良く理解できた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。