京都大学の著名な制御研究者である山本 裕教授の60才を祝う会(YY Fest 2010)が京都大学時計台記念館で開かれたので,京都に出張した。
 世界中から招待された著名な制御理論の研究者の中にケンブリッジ大学でお世話になった Malcolm Smith 教授がおり,彼に久しぶりに会えたことが収穫だった。また,2003年当時,ケンブリッジ大学制御グループに在籍していた管野准教授(新潟大)や台湾の研究者とも会うことができた。

 入学式を控えた京都大学では,新入生勧誘の立て看板が所狭しと並んでいた。記念に,京大航空部の立看の写真も撮る。立看も日本独特の文化なのだろう。おそらく英国ではお目にかかることはないだろうなと思う。

 桜は咲いていたが,まだまだ寒い京都だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。