4月13日(火)から大学院の講義「モデルベースト制御理論」が始まります。
 昨年までは「モデル予測制御」が中心の講義内容でしたが,今年度は,「モデル」に関するさまざまな話題についてアラカルト方式でお話ししたいと考えています。具体的には,現代制御,モデル予測制御,システム同定,カルマンフィルタ,むだ時間システムなどについて講義する予定です。
 また,外部の先生によるセミナーも予定しています。4月27日には大須賀公一教授(大阪大学)に講義していただきます。
 例年,受講生が少なくこじんまりとした授業ですが,モデルに基づいた制御や予測理論に関心のある学生の受講を歓迎します。足立研HP担当の協力を得て,「モデルベースト制御理論」の講義ページを開設しましたので,そちらもご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。