宇都宮大学足立研で学位を取得した高梨宏之助教(秋田県立大学)との共著が掲載された洋書が発行されました。
 これはUser Interfaces という本で,その中の1章としてわれわれの論文 “Graphical User Interface of System Identification Toolbox for MATLAB” が掲載されました。10年近く前に行った研究をまとめたものなので,新規性はほとんどありませんが,研究成果が洋書という形に残ることは嬉しいことです。
 日本機械学会誌(2010年3月号)のメカライフ特集「機械屋になって10年」の中に高梨氏の文章「学生から大学教員になって」が掲載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。