武蔵中原にある富士通研究所を足立研M1学生4名と見学させていただきました。
 ITシステム研究所の穴井主任研究員にお願いして実現した見学で,初めて富士通を訪れました。お忙しい中,対応していただき,大変ありがとうございました。

 以前,日本工業大学でガバナ(調速器)が動態保存されているのに感動しましたが,富士通では50年前の1960年に開発されたリレー式の電子計算機が動態保存されていました。目の前で実際に計算しているところを見ることができ,非常に感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。