北海道大学情報エレクトロニクス学科システム情報コースで「システム情報特別講義I」という科目(1単位)の集中講義を3日間行いました。
 宇都宮大学時代に同僚だった小笠原悟司教授(北海道大学大学院情報科学研究科システム情報学専攻,「電気自動車の制御システム」の共著者)に招いていただいたもので,昨年から夏に集中講義を行っています。古典制御から現代制御まで,駆け足で講義しました。本来はシステム同定理論まで進む予定だったのですが,今年はそこまで講義することはできませんでした。
 4年生14名がこの授業を受講してくれました。システム情報コースは30数名からなるコースなので,その半分近い学生が受講してくれたことになります。昨年同様,足立研ゼミのような雰囲気で,私は楽しく講義することができました。受講生のみなさんは,長時間受講し最後には試験まで受けて,大変ご苦労さまでした。
 毎日35℃を超える東京と比べると,25℃くらいの札幌は快適でした。お世話をしていただいた小笠原先生,大変ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。