奈良県新公会堂で開かれている 18th IFAC Symposium on Automatic Control in Aerospace に参加してきました。
 この国際会議は航空宇宙における自動制御に関するもので,中須賀真一教授(東大航空)が Chair of National Organizing Comittee (NOC) をされています。IFAC の古き良き伝統を継承していて,9月6日(月)から10日(金)までの5日間にわたってゆったりと会議が行われています。

 台風9号の影響で奈良も雨模様で,残念ながら遷都1300年に沸く奈良を味わうことができませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。