2010年度足立研夏合宿係の M1 の式守です。今年度の合宿について報告いたします。
 足立研では9月に研究室合宿を行い,所属する学生全員がそれぞれの研究内容について発表します。 今年度は那須のホテルラフォーレで行いました。

 1日目,現地にて集合し,すぐ M2 の発表を行いました。M2 の方は学内の発表会や学会などでプレゼンの経験が豊富な方が多く,とても慣れた様子でした。 その後,夕食を食べ,夜は京都大学の杉江先生,さらに足立先生に特別講演をしていただきました。著名な先生が今現在興味を抱いていらっしゃることや研究している最新の内容が聞け,学生にはとても刺激になりました。その後は宴会を行い,懇親を深めました。

 2日目は,午前中から B4 の発表を行いました。B4 は直後に学科全体の発表会を控えており,それに向けての発表でした。緊張した様子でしたが皆しっかりと発表しており,十分に準備して臨んでいるなと感じました。午後は那須岳へ行き,ロープウェイで9合目まで登った後 40 分ほど歩いて山頂まで登りました。この日は午前中小雨が降っていたのですが,山に来た時は上がっておりきれいな景色を楽しむことができました。 夜は宿に戻って,夕食後に京都大学杉江研究室博士課程の丸田さんに講演をしていただきました。多モードのシステムを時変システムとして扱い,各サブシステムを同定するというものでした。この日の夜も宴会を行いました。

 そして,3日目はわれわれ M1 の発表でした。皆疲れと寝不足でボロボロでしたが,何とか無事に発表を終えることができました。

 団体旅行の幹事の経験はなかったので戸惑うことも多かったのですが,ラフォーレはとてもきれいで良い所で,楽しく有意義な合宿になったのではないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。