遅くなりましたが、11月26日に京都のキャンパスプラザ京都にて行われたSSI2010の併設ワークショップについて、M2高橋が報告します。
 今回私が参加したワークショップは、「システム・情報・制御におけるライフサイエンス研究2010」です。制御部門とシステム・情報部門における研究者が研究成果を発表し、活発な議論が行われました。

私の発表題目は、「周期信号に対する最小二乗法を用いたタンパク質ネットワークの推定」でした。質疑応答では先生方から様々なご指摘を頂きました。今後の研究活動に生かしていきたいと思います。
京都はちょうど紅葉のピークで、特に今年は約8年ぶりの鮮やかな紅葉ということでした。そのため京都駅も大混雑で、お土産を買うのも一苦労なほどでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。