12月17日から19日まで足立研スキー合宿に行ってきました。
 B4伊藤大樹が報告いたします。

場所は長野の白馬。17日夜に新宿をバスで出発し、18日朝に現地に到着しました。私たちが到着した時間にはかなりの雪が降っていましたが、現地の方によると前日までほとんど降雪がなくゲレンデが開けるかも微妙だったそうで、ちょうどよく雪が降ってくれたのは非常に幸運でした。
   
ゲレンデでは全員がスノーボードに挑戦。中には雪山に来ること自体が初めてという初心者の人もいましたが、すぐに基本をマスターし、全員普通に滑り降りてくることができるようになりました。シーズン初めということもあり雪がほとんどの場所で新雪で、(多少滑りにくいものの)転んでもあまり痛くない状態だったのも幸運でした。

夜は宿で鍋パーティー。B4からM2まで全員で一部屋に集まって食べる鍋は最高でした。話も大いに盛り上がり、これまで以上にメンバーの交流を深められたと思います。
    

今回のスキー合宿はメンバーほぼ全員が参加する大規模なイベントとなりましたが、このようなイベントはこれまでになかったとか。忙しい中企画して下さったM2の城殿さん、本当にありがとうございました!来年以降もぜひやって、足立研の伝統行事にしていければと思います。
   

今後は卒論、修論、就活とメンバー全員が忙しくなりますが、今回のスキー合宿で十分英気を養うことができたので、一所懸命取り組んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。