M1の課題研究発表会が1月8日(土)に開かれました。
 足立研からはM1学生5名が参加し,3分間のショートプレゼンの後,ポスター発表を行いました。

各自の発表題目は以下の通りです。
 ・ 木下俊弘:ロケット用航法装置のためのMEMS型IMUの誤差解析
 ・ 式守 崇:周期性を考慮したトナー補給系のモデリング
 ・ 嶋津隆大:時間領域同時摂動法を用いたアクティブノイズコントロールシステム
 ・ 等々力圭史:SILFを用いたサポートベクター回帰による非線形システム同定法
 ・ 向井文哉:スペクトル欠落補間に向けた周期性生体データに対するシステム同定
足立研では,1月21日にM1の中間発表会を行い,その後,M1学生は本格的に就活に臨みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。