3月16日~18日に沖縄で第11回制御部門大会が開催されました。
大会直前に起こった大震災のため,足立と足立研学生2名は出席することができませんでしたが,足立研OBの大明さん(東芝 研究開発センター),室井君(現リコー),共同研究をしているカルソニックカンセイの馬場さんが出席しました。大明さんがレポートを送ってくださったので,それをもとに参加していない足立が構成しました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
第11回制御部門大会が沖縄の琉球大学(千原キャンパス)で開催されました。東日本大地震の影響で講演キャンセルがあり,80%程度の講演件数でしたが,8室パラレルセッションで活発な議論がなされました。

足立研関係では,16日に大明さんが,「同定・モデリング2」のセッションで,
・ 大明準治,足立修一:非干渉化同定法に基づく垂直多関節ロボットのグレーボックスモデリング
の発表を行い,引き続いて「同定・モデリング3」での座長も務めました。
また,同じ時間帯に,カルソニックカンセイの馬場さんがつぎの発表を行いました。
・ 馬場厚志,板橋欣之介,寺西 望,川口貴弘,福永しおり,足立修一: カルマンフィルタを用いた HEV/EV 向け電池の内部状態推定
このほかにも,
・ 高橋知子,東 剛人,足立修一: 疑似周期信号に対する最小二乗法を用いた細胞周期のタンパク質ネットワークの推定
・ 伊藤まゆ美,高橋知子,東 剛人,足立修一:Cdh1 と Cdc20 タンパク質の結合を考慮した9次元細胞周期システムのロバストネス解析
の2件の発表を行う予定でしたが,出席することができずに発表をキャンセルしました。共著者の宇都宮大学の東先生も出張できず,パイオニア技術賞を受賞された宇都宮大学の平田先生も出張できませんでした。

17日には那覇市内のホテルで SICE 50周年特別企画講演や特別講演も行われました。特別企画では,足立も講演予定だったので,皆さんに大変ご迷惑をおかけしてしまいました。また,特別講演では,土屋和雄先生(同志社大,元三菱電機,京大名誉教授)が主題を話された後に,四半世紀にわたって関わってこられた「はやぶざ」プロジェクトの成功秘話について感慨深げに話されました。

表彰式では,足立研OBの室井秀夫君(現リコー勤務)が,昨年の制御部門大会での発表(当時M2)で制御部門研究奨励賞を受賞しました。おめでとうございました(室井君の授賞式での写真はを3/30に追加しました)。

学会期間では日本全国が冷え込みましたが,沖縄も例外ではなく,海開きをしても良い季節なのに,最低気温が13~16度という冬の気候でした。

直前に起こった大震災のために,通常の学会運営とは異なる多くのご苦労をされた大会実行委員長の金城先生と大城幹事(ともに琉球大)をはじめとする大会実行委員の皆様に最大の感謝をいたします。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。