東北大学電気通信研究所で行われた日本音響学会 聴覚研究会(電子情報通信学会 応用音響研究会と共催)に参加しました。
 M1学生の徳住さんが,

  • 徳住,竹中,足立,松井,安藤:予測誤差法による頭部伝達関数の多方向同時推定
  • という題目で発表しました。これはNHK放送技術研究所との共同研究で,制御工学のシステム同定という手法を音響システムの多変数モデリングに適用した報告です。音の専門家の評価が心配でしたが,比較的好意的に受け取られたようでホッとしました。

    足立研からも女性研究者が発表しましたが,音響学会の研究会では女性研究者の発表が多いことが印象的です。われわれのホームグラウンドである制御の学会ではほとんど女性研究者が育っていません。制御分野の将来を考えたとき,これは非常に大きな問題です。

    仙台を訪れると必ず会う友人に会って帰宅しました。言葉にできないいろいろなことがあったようですが,彼のご家族の無事を確認できて幸せでした。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。