宇都宮大学の平田光男准教授が2011年度計測自動制御学会論文賞を受賞されました。
 受賞の対象となった論文は,

  • 平田光男,飯野郁与(宇都宮大学),安達和孝,金子 豊(日産自動車(株)):安定余裕を考慮したゲインスケジュールドH∞制御によるロックアップクラッチの回転速度制御」,計測自動制御学会 産業論文,Vol.9,No.2
  • です。
     平田先生は昨年度の著述賞に続いて2年連続受賞です。おめでとうございました。最近,宇都宮大学時代にご一緒させていただいた研究者のご活躍が目立ち,うれしく思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。