10月9日~15日に岐阜県木曽川滑空場で第14回全日本学生グライダー新人大会が開催され,慶應義塾大学が団体・個人ともに優勝しました。
 団体,個人の成績は以下の通りです。
【団体の部】
 優勝:慶應義塾大学       685.5
 2位:早稲田大学         645.5
 3位:名古屋大学         637.5
 4位:東京大学          632.5
 5位:防衛大学校         579.5
【個人の部】
 1位:萩原大樹(慶應義塾大学) 344.0
 2位:荒木翔太(慶應義塾大学) 341.5
 3位:延山龍介(名古屋大学) 330.0
 4位:古田洋一郎(早稲田大学) 324.5
 5位:森久雄平(東京大学) 322.0

ゼッケン35が荒木翔太君,36が萩原大樹君です。
両君をはじめとする下級生部員の今後の活躍を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。