11月1日 (火) 3限にソフトボール大会Cブロックの3回戦が行われました。試合結果についてB4の余が報告します。

今回、私たちは足立研&山本研の合同チーム「量子テレポーテーションズ」として応用化学科&管理工学科の今井研&金沢研の合同チームと対戦しました。2回戦はシードのため、前回の試合からかなり間隔が空いてしまいました。秋も終わりを迎えつつあるというのに大変日差しが強く、暑すぎるほどのソフトボール日和の中で行われた試合でした。

1回戦では大量得点の完勝で勝ち上がることができましたが、3回戦では相手チームのレベルも確実にアップし、序盤から緊張感あふれる攻防が繰り広げられました。

量子テレポーテーションズは2回,3回に1点ずつを加え、ハンデも含め4回表までに 4-0 とリードしましたが、4回裏に相手チームの猛攻を受け、一気に 4-4 の同点に持ち込まれてしまいました。しかし5回表、フォアーボールなどを挟みながら、コツコツと3点をもぎ取り試合の流れを掴むと、その後は4番西澤さんのダメ押しHRなどで着実に得点を重ね、一気に勝利を決定づけました。投げては、向井さんが5回以降相手チームに得点を許さず、粘りのピッチングで完投勝利を収めました。

試合は 10-4 で量子テレポーテーションズが勝利し、4回戦進出を決めることができました。今回の試合は、両チームの健闘もあり、以前になく大変引き締まった展開になったと思います。これからトーナメントを勝ち進んでいくに連れますます苦戦が予想されますが、練習を重ね万全の体勢で試合に臨んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。