大阪大学の石川将人准教授に足立研セミナーで講演していただきました。
 今年の足立研軽井沢夏合宿では,阪大 大須賀・石川研の大須賀教授に講演していただきましたが,今回は石川准教授にお願いしました。講演題目は 「非線形制御概論:非線形システムの「骨」と「肉」」 で,リー群などの非常に高度な数学を用いる非線形制御の考え方をわかりやすく講演していただきました。また,さまざまなロボットの動画も見せていただきました。

「数学の美しさ」という一般人が聞いたら訳がわからない美意識が,数学を道具として用いる理科系では時として必要になります。そのようなメッセージが聴講した学生さんに伝わればよいと思いました。石川先生,ご講演,ありがとうございました。

セミナーには,山本先生,滑川先生(SD),そして物理情報工学科の3年生2名も参加してくれました。

石川先生は,11月16日(水)に東工大で開かれる SICE制御技術フォーラム で,「非線形性に挑む―幾何学的アプローチによる非線形制御―」という題目の特別講演をされます。こちらもお勧めです。

なお,12月には足立教授が,阪大 大須賀・石川研究室の 「ダイナミクスと制御研究会」 で 「1時間半でカルマンフィルタを理解したつもりになる」 という題目の講演を行う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。