2012年9月10日(月)~12日(水)に岐阜の長良川国際会議場で開催される IFAC(国際自動制御連盟) Workshop on Automation in the Mining, Mineral and Metal Industries (MMM 2012) の論文投稿締切(2012年2月29日)が迫ってきています。

この国際会議の IPC (International Program Committee : 国際プログラム委員会) の chair は北村章教授(鳥取大学)で,足立は NOC (National Organizing Committee : 国内組織委員会) の chair を仰せつかっています。

MMM2012 では,おもに鉄鋼,鉱山関係のオートメーションをテーマとしていますが,そのために必要なシーズ技術(たとえば,制御理論,モデリング理論,学習理論,システム理論,計測理論などなど)も対象としていますので,制御関係の皆様の投稿をお待ち しています。

長良川国際会議場は長良川のほとりの風光明媚なところに位置し,学会会期中に鵜飼ツアーなども計画しています。2月29日が論文投稿締切なので,あまり時間がありませんが,この会議へのご参加を検討していただけると幸いです。詳しくは 【こちら】 をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。