信州大学工学部(長野市)の千田・池田研究室で今年初めてのセミナー講演を行いました。

講演題目は「約1時間でカルマンフィルタを理解したつもりになる」で,昨年12月に大阪大学で行ったセミナーと同じ内容でした。同じ内容でしたが,カルマンフィルタは奥が深く,講義するたびに新しい発見があります。

機械システム工学科の千田・池田研究室と酒井悟研究室の学生さんに熱心に聴講していただきました。真面目な地方国立大学の学生たちという印象を受け,以前所属していた宇都宮大学の学生たちを思い出しました。
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。