文部科学省の平成24年度戦略目標(科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業)が決定されました。

一つ目の戦略目標「再生可能エネルギーをはじめとした多様なエネルギーの需給の最適化を可能とする、分散協調型エネルギー管理システム構築のための理論、数理モデル及び基盤技術の創出」は,(独)科学技術振興機構(JST) 研究開発戦略センター(CRDS) システム科学ユニットがとりまとめた提案が原案となったものです。3月末には研究課題の公募も始まるそうですので,システム科学に関連する多数の研究者の応募を期待しています。

また,3月2日(金)には,独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 研究開発戦略センター(CRDS)主催の科学技術シンポジウム「システム構築による重要課題の解決に向けて」がスクワール麹町(四ツ谷駅前)で行われます。こちらにもぜひご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。