春は異動の季節ですが,東京電機大学出版局の植村八潮出版局長が専修大学教授に転身されました。

専修大学 文学部 人文・ジャーナリズム学科教授だけでなく,株式会社 出版デジタル機構代表取締役の二足の草鞋生活だそうです。後者については,日本経済新聞に記事が載っています

1996年発行の「MATLABによる制御のためのシステム同定」をはじめとして,東京電機大学出版局から発行した私の初期の本の編集はすべて植村さんが担当してくださいました。制御分野におけるおそらく初めての MATLAB を使った和書を,植村さんと共に発行できたことを誇りに思います。

いまでは植村さんは電子出版界で日本を代表するキーパーソンのお一人です。若いころご一緒に仕事をさせていただいた方が大活躍されて,非常にうれしく思います。

落ち着いたら,慶大にお呼びして足立研セミナーで講演していただければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。