5月1日(火)3限にソフトボール大会予選ブロックの初戦がありました。試合結果についてB4の嘉嶋が報告します。

今回、私たちは足立研と山本研の合同チーム「モデルベースターズ」として生命情報学科榊原研の「木ネ神」と対戦しました。昼休みには雨が降っていましたが、試合開始前には止み、暑すぎず寒すぎないソフトボールに適した天気の下で試合が始まりました。

相手チームのピッチャーは、理工屈指と思われる速球派でしたが、初回に4番の川口さんの3ランホームランで先制し、この回に一挙4点をとることができました。守りでは、エースの川口さんが味方のミスを取り消す要所をしめたピッチングで、一時は1点差まで追いつかれましたが、一度もリードを許すことなく8-5で勝利しました。

今回は初戦ということもあり、内野のエラーやチャンスでバットを振り回して三振する場面が目立ったので、2回戦までに練習で修正していきいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。