5月1日3限に行った制御工学同演習の中間試験問題の解説を YouTube の慶応チャンネル にアップロードしました。

試験問題の解説だけでなく,これから学ぶ安定性の基礎についてもお話していますので,受講生の皆さんに見ていただけると幸いです。45分くらいのビデオです。7月までの期間限定公開にする予定です。

今年度から物理情報工学科3年生で「クォータ制(4学期制)」を始めました。慶大理工学部でクォータ制を導入しているのは物理情報工学科だけです。3年生春学期必修科目「制御工学同演習」は第1クォータ(4~5月の8週間)に講義が行われています。4月中に7回の講義を行い,5月1日に中間試験を実施しました。そして5月に講義を行い,5月28日(月)にはクォータ末試験を実施します。初めての経験なので,学生さんは大変忙しいと感じるかもしれませんが,集中的に制御工学を学んでいただけることを願っています。

ケンブリッジ大学は3学期制で1学期は8週でした。授業に集中する期間と,研究あるいは国内外での課外活動に集中する時間を分けること,すなわち「メリハリ」が重要だと私は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。