杉山将准教授(東京工業大学大学院 計算工学専攻)に足立研セミナーで講演していただきました。

講演題目は 「確率密度比を用いた統計的機械学習の新しいアプローチ」でした。杉山先生が提案された確率密度比を用いた方法の基礎から応用例まで幅広く講演していただきました。直前に行った足立研中間発表で聞いたばかりの学習理論に関連した専門用語「正則化」,「カルバック・ライブラーダイバージェンス」などをわかりやすく説明していただきました。

また,講演の最後には,研究の進め方について熱く語っていただきました。杉山先生,ご講演ありがとうございました。

学会の講演会やシンポジウムなどでは聞くことができない,著名な先生の本音トークを聞くことができる足立研セミナーは貴重です。

足立研学生だけでなく,山本准教授(物理情報工学科)と山本研学生,武田准教授(管理工学科)と武田研学生,そして足立研 OB など,多数のみなさんがセミナーに参加してくれました。活発な討論,ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。