モデルベースト制御理論」という大学院修士課程の講義を担当しています。

ソフトボールチームの「モデルベースターズ」は2回戦も勝利しましたが,モデルベースト制御理論ではカルマンフィルタについて解説しています。

出版準備を進めている「カルマンフィルタの基礎」(足立・丸田著,東京電機大学出版局)のドラフト原稿を使って今年度は講義しています。

受講生は B4 学生(慶大では4年生も大学院の講義を先取り受講できます),M1, M2 学生と計30名以上おり,受講生のみなさんが,授業中に原稿のタイプミスをたくさん見つけてくれ,大変助かりました。

秋の発行が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。