UCLA の岩崎徹也教授に足立研セミナーで講演していただきました。

講演題目は,“Dynamics and Control of Biological Oscillations” で,生物にインスパイアされた新しい制御理論の構築のお話でした。

先週(7月25日~27)に中国で開かれた Chinese Control Conference 2012Plenary 講演 された内容を足立研セミナーで講演していただきました。国際会議の招待講演を(日本語で!)聴講できた非常に贅沢なセミナーでした。

また,宇都宮大学の平田光男准教授と物情の教員も参加してくれました。

世界の舞台で活躍されている岩崎先生にご講演していただいたことが足立研学生にとって何らかの刺激になってくれればと思います。

なお,岩崎先生は計測自動制御学会会誌「計測と制御」6月号 に [リレー記事]「世界が舞台のSICE研究者・技術者~日本から世界へ,世界から日本へ」〉第2回:「無知・無計画のさいわい」,という記事を寄稿されています。世界で活躍を目指す方はぜひご一読ください。そして,その第1回は小野雅裕助教が「計測と制御」4月号 に「海外経験の線形代数」という記事を寄稿しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。