6月1日に足立研セミナーで講演していただいた下館和巳教授(シェイクスピアカンパニー主宰)から新しい公演のパンフレットが届きました。

喜劇 新 ロミオとジュリエット」で,シェイクスピア・カンパニーの第10回公演にあたるそうです。

恋の伝説「ロミオとジュリエット」が昭和30年代の温泉旅館を舞台に東北弁でよみがえる! だそうです。

来年の4月には東京公演も予定されているとのこと,見に行かなくては。

そういえば,下館先生とケンブリッジでお話していたとき,英国においしいいかの刺身と温泉があったら,ずーっとここで暮らしていたいな,と言っていたことを思い出しました。下館先生は温泉が好きなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。