11月に京都大学で行われた第55回自動制御連合講演会で,足立研学生2名が優秀発表賞を受賞しました。

新井 健太郎(M1) : 4ロータヘリコプタ QBall の開ループシステム同定実験
川口 貴弘(M2) : 連続時間システム同定による電気自動車用二次電池のモデリング

昨年の石川君に続いて2年連続,足立研からの受賞です。

おめでとうございます!

講演会HP に受賞者リストが掲載されています。

今年も足立研関係者は学内外で大活躍をして,数々の賞 をいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。