JAXA相模原キャンパス(宇宙科学研究所)で実施された火星探査航空機ワーキンググループの会合について,M1の新井が報告いたします.

JAXAでは,次期火星探査ミッションの1つとして火星探査飛行機が検討されています.

本ワーキンググループでは空力設計や構造設計など,様々なチームに分かれて飛行機を開発しており,足立研では助教の小野先生の指導のもと,M1の高村君と私の2名が飛行機の航法・誘導制御について研究を行っています.

私は本ワーキンググループの会合に参加するのは初めてだったのですが,各チーム間の活発な議論を目の当たりにし,非常にチャレンジングな研究を行っていることを実感しました.私たちのアルゴリズムによっていつか飛行機が火星の空を飛ぶことを目指し,日々研究に勤しみたいと思います.

コメント

  • 火星探査飛行機の研究,大いに期待しています!

    2013年02月23日 9:18 AM | 足立修一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。